入れ歯がないから出かけられない・・・

先日の事、実家の父から電話で、おばあちゃん(母)が入れ歯を飲み込んだかもしれないと・・・はっ?と聞き直した私。その電話で事情を聞いてる私、そしてすぐに実家に走ってくれた息子。私と息子の頭の中には、あんなデカイ入れ歯は飲み込めない、いやいや、飲み込むほどぼけてない、いや飲み込んでたらどうなる?、いやそれほどぼけてたらすぐに同居?などという事が頭をかすんでました。そして私が事情を父から聞いているうちに実家に到着してくれた息子がすぐにじゅうたんの上に転がってた入れ歯を発見。一件落着はしたものの、何気にテーブルに置いたのを当たって下に落としたらしい、そんな事も想像して探せなくなったのかと思うと、弱ってきたな~と思う私でした。しかし息子は刺激刺激と笑い話にして、おじいちゃん達の頭を活性化しといたから…と。我が家は兄がいるけど親の面倒は私が見る予定です。でも実際は刺激も行動もすべて息子が見てくれるのが現実です。私も自分のおばあちゃんの面倒を看てきました。子供の代ではなかなか力不足、孫の代に世話になる。そう思うと自分も息子の子供に世話になるのかと想像します。まだ見ぬ息子のお嫁さん、孫ちゃん、おばあちゃんになった私をよろしくね!と言いたくなります。今回は笑い話ですんだけど、これから先は課題がたっぷりありそうです。がんばらなくっちゃです。イディオムガールΩ